自由人ダイバー:藤内將博の独立・脱サラ・副業コンサルティングサービスホームページ / 悩み相談や人生相談もサポートします - MASAプロフィール
大阪 Office POT 大阪府八尾市南木の本6-22-2-120 TEL 090-3289-0681

Home Consul Service Seminar ◆Profile Asobigokoro ◆Blog *修正中


“好き”を形に。“想い”を言葉に。

【プロフィール】
■藤内將博
(とうないまさひろ):自由人ダイバー
1981年生まれ A型のてんびん座
大阪生まれ大阪育ち
好きな食べ物はやっぱりたこ焼きとお好み焼き

【高校1年の時】
電車で50分。毎朝通学で目にしていたスーツ姿のサラリーマンの人達。
いつか自分もこんな風にスーツを着て仕事に行く日が・・・全然イメージできない!!!

というか、どんな仕事をしたいのかもわからない。
だからどうせなら好きなことを仕事にしたいな。と考え始めたことがきっかけで、
海が好きだったからダイビングのインストラクターになろうと決めた。(単純)
高校卒業後ダイビングの専門学校に行きプロ資格を取得。

【20歳の頃】
3ヵ月間海外(パラオ)に渡りダイビング修業する。
帰国後、念願だったインストラクターになる。(夢叶う)
インストラクターとして仕事をする人生が始まる!(ワクワク!)
23歳で雇われ店長となる。

【25歳の頃】
ダイビングインストラクターとして仕事を始めてから5年が過ぎた頃、、人生に迷う。
やりがいや充実感はあったし、楽しさもあった。が、いつしか自分が本当は何をしたいのかわからなくなり、
自分自身を見失い、人生に何の目的もなく、ただ出口のない暗闇を彷徨い歩いているような毎日。
苦しくて辛い日々で毎日逃げ出したい気持ちでいっぱいだった。

【28歳の頃】
28歳の誕生日、悪性の「脳腫瘍」があると判明。緊急入院・手術を行う。
約5ヵ月間の入院生活の中、何度か生死を彷徨ったことで「命・生きる・人生」について深く考えさせられる。

退院し、リハビリをしながら再度同じ会社に戻るも、“何か違う”、“このまま当然の様に戻っていいのか?”という疑問を払拭できずに、独立を決心。遂にダイビング業界を去る。
300人以上のダイバーを育成した。

【29歳の頃】
ダイビング業界を去った後、選んだ道はアロマセラピストだった。
それまで何の興味も知識もなかったが、なぜか「やりたい」という直感に従い資格を取りアロマサロンをオープンし始めての起業をする。

【31歳の頃】
独立して2年、思う様にアロマサロンを軌道に乗せることができずに閉店。
人生の中で達成したいことはあったが、そこに向かって何をどうすればいいのかは分からず、とりあえず何か仕事しようとフリーターの様な日々を送る。

2年間で100冊の本を読み、自分の本を出版した。
→→→ ソレな!ソレ( ̄▽ ̄)/ 右上の!→→→ 買ってね!

【〜現在】
サロンをたたんでからはほぼ何の成長も変化もない毎日で、このままではいけない!と思い再度独立を決心し起業する。雇われ、一定の給料をもらいながら、自分の人生の収入と時間を誰かに握られるの嫌だ!!
という思いが強くなり、
もう二度と雇われない。と決めたことで、次の道が見えた。

自分を見失っていたり、人生に迷っている。
独立や起業願望がある。副業して稼ぎを増やしたい。
好きなことを仕事にしたい!


という思いを持った人たちにそのノウハウを伝えたり、その人が成長していけるマインドを形成する。
そして自分と人の「“好き”を形にしていくこと。」を仕事にする。

自由人ダイバーという肩書きは自己満。



自分は何をどうしていきたいんだろう?
どこに向かって生きていけばいいんだろう?
それを明確にしたい!という人は力になります。ご連絡ください。





著書
『 大切な人たちを大切に。
〜自分の中の、忘れ物〜

病が発覚し、死ぬかもしれない。そんな経験の中で生きることについて考えた。当たり前の様で、当たり前じゃない大切なこと。それを忘れない為に、自分の過去の記憶からひとつひとつ切り取った思い出を1ページごとに綴った1冊。
【1000円+税】

只今全国送料無料キャンペーン!
ご注文はこちらから
↓ ↓ ↓


プライバシーポリシー